トップページ > お知らせ > 【ママ友関係の悩み】カウンセリング体験談 横浜市都筑区A様

【ママ友関係の悩み】カウンセリング体験談 横浜市都筑区A様


もともと人づきあいが得意ではなかったのですが、母親になったらママ友との付き合いというものが始まりました。夫は転勤族で数年置きに引っ越しがあるので、せっかく苦労して築いたママ友との関係も、引っ越し先でゼロからスタートということの繰り返しでした。新しいお友達の顔、名前、その子のママの顔、話したことなどを必死で覚えました。

ある日、ママ友の立ち話の最中に、震えたり涙が出たりしていることに気付きました。相手はおかしいと思うのではないか、ということが気になりだし、緊張すると余計に涙が出てきて止まらないのです。そのうちママ友との立ち話を苦痛に感じるようになりました。

病院で診てもらうほどのことではないのだけど、自分ではどうにもできないし、相談できる人もいなくて困っていたところ、タウン誌でエクートのことを知り電話をかけました。出てくれた先生は「私も子育ての経験者ですよ」とおっしゃったので、会って相談することにしました。そして言われたことは「そんなに頑張らなくてもいい」ということでした。

ママ友作りに必死で、頑張りすぎていることに気づいていなかったのです。それらはすっかり心が軽くなって、ママ友と付かず離れずのいい関係を保てています。話すときに涙が出ることもなくなりました。専門家であり、かつ先輩ママでもある先生にお話しできたのがよかったのだと思います。

ページのTOPへ